まぶしく白くかがやく Wedding Dress

恒例となりましたが、二泊三日で友人たちと温泉&カードゲーム旅行へ行ってきました
SKT杯も、今回が5回目となります

この記事では第五回SKT杯の結果と、個人的な感想を簡単に書こうと思います

第五回SKT杯
形式:総当たり(勝敗数同じ場合はオポ差で順位付)

1位 水蓮 艦隊これくしょん -艦これ- 8勝2敗
2位 葉 Phantom -requiem for the phantom- 7勝3敗
3位 ゴリ 艦隊これくしょん -艦これ- 7勝3敗
4位 むーん リトルバスターズ! 5勝5敗
5位 ハセガワ DOG DAYS 5勝5敗
6位 軽業 THE IDOLM@STER 4勝6敗
7位 ソラエク ガールフレンド(仮) 4勝6敗
8位 幸雪 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 4勝6敗
9位 舜 ビビッドレッド・オペレーション 4勝6敗
10位 7 THE IDOLM@STER 3勝7敗
11位 とうや 魔法少女まどか☆マギカ 3勝7敗

というわけで、優勝は黄緑赤城選抜の艦これを使った水蓮くんでした
これまでのSKT杯のうち、個人戦では最下位や下から3番目など、苦汁をなめてきましたが、今回は見事、文句なしの優勝でした
環境トップの呼び声高い艦これですが、それでも10回戦という長丁場の中で8勝2敗の成績に収まったのは、丁寧なプレイを重ねることのできた水蓮くんの実力あってこそでしょう
優勝おめでとうございます

続いて2位は私で、使用タイトルはPhantomでした
直前まで艦これをひたすら調整していて、周囲もそれを知っていたので、多くの人にとっては意外なタイトル選択だったのではないでしょうか
艦これではなくPhantomを使った理由づけをしようと思えば、いくらでも挙げられますが、それでもデッキパワーは艦これのほうが勝っていると思います
本当の理由は、とても綺麗な構築のPhantomを組むことが出来た、と自分で感じていて、これで勝てたら格好いいな、と思ったからですw
あと一歩で優勝は叶いませんでしたが、あまり環境タイトルとして挙げられることの多くないこのタイトルで2位までいくことができて良かったです
ちなみにレシピはコチラ

惜しくもオポ差で3位になったのは、黄緑青(島風無し)赤城選抜艦これを使ったゴリくん
普段、あまりWSをする機会のない彼ですが、それでも見事に7勝3敗という好成績を残しました
デッキ選択も、当然本人の実力のうちだと思います
ミラーでの敗北も含め、経験差で3試合落としてしまったのかなという印象
次のSKTがあれば、その経験差も埋まり、より恐ろしいプレイヤーの一人になっているのではないしょうか
3位入賞おめでとうございます

4位、5位はリトバスを使用したむーんくんと、犬日々を使用したハセガワさんでした
二人とも前回と同じタイトルの使用です
 むーんくんは下から2番目だった前回の雪辱を果たした形ですね
双子型に変更し、序盤のラインの高さで面作りと、集中による山作成で器用にゲームをコントロールし、3レベでは姉御とささみによる詰めと、諭吉という最高峰の防御札でどの相手にも最低でもイーブンの戦いを仕掛けていく良いデッキ選択だったと思いました
 ハセガワさんは、前回と同じ5位という順位に
勇者超特急と宝で「アドバンテージを維持しつつソウルを叩き込む」という、WSの基本に忠実な動きを上手く繰り返して勝ち星を拾っていました
その徹底的に安定した毎ターン同じ動きに、大会中ちょくちょく勇者超特急強すぎ規制しろだなんて煽られる場面も笑
 二人とも、勝ち越しまでのあと一歩をどう詰めていくのかがこれからの課題となるのでしょうか


6~9位は、軽業、ソラエク、幸雪、舜の元同じ高校組が仲良く4勝6敗でなだれ込む形に
 軽業くんは手持ちのタイトルから悩みながら方向音痴選抜の春香バーンアイマスを選択
しかしながら、スタートダッシュに失敗して連敗を重ね、終盤に調子を戻したころには遅く、結果が4勝6敗の負け越しという形になってしまいました
SKT杯では毎度、勝ちきれない印象が強いですね。決して本人が弱いプレイヤーということはないと思うのですが
使用するタイトルをある程度絞り切って、みっちりと回す方が練習としては良かったのかもしれません
 ソラエクくんは今回が初参加
メインのTCGとして遊戯王、サブで他にもいくつかのTCGのプレイ経験があるプレイヤーで、WSに挑戦してくれました
使用タイトルはガルフレで使った色は青
10回戦の中で、対戦回数が増えるごとに毎ゲームの反省から着実にプレイングのレベルを上げていくのが印象的でした
対戦相手のタイトルのプールを覚えれば次は勝ち越し以上を安定して狙えそうです
 地雷デッキに定評のある幸雪くんは、今回はL3のぶっぱ力が魅力なプリヤを選択
しかしながら、シンフォで優勝した前回とは違い今回は若干ラックが悪く、プリヤの性質上そのまま負けてしまったという結果だったのでしょうか
 前回最下位だった舜は、前回と同じビビオペでの参加
軽業くんとは対照的に、スタートは好調でしたが段々と失速していって勝ち越しには至りませんでした
並行して調整していたペルソナが、個人的にはとても強かったイメージがあったのでてっきりそちらを使うのだとばかり思っていたんですけどね
BCF仙台トリオ優勝後からは、こういった場で何故か勝ちきれないことが増えてきたイメージです
 とはいえ、この成績だとその日のラックがもう少し良ければで勝ち越しもあり得るラインなので、過度に引きずりすぎるのは良くないですね
勿論、プレイングで反省すべき点はしっかりと反省しないといけないのでしょうが

10位、11位は7くんととうやくんでした
 7くんは、方向音痴選抜でMy Best Friendシナジーで手札をキープして連パン千早に繋げる一風変わったデッキ
ギミックはとても面白いのですが、今回は振るわず、3勝7敗という結果になってしまいました
 最下位のとうやくんはほぼテンプレートなまどかを使用
しかしながら、デッキに振り回されがちで上手く扱えていなかったのではないかと思います
タイトルのポテンシャルの高さは折り紙つきなので、ひたすら練習あるのみなのかな

以上です
次は、SKT杯での私自身の各試合大会レポを書いていこうと思います

Phantom組んでみたよ

まとめてパーツを引く機会に恵まれたので組んでみました
ショップだとなかなかパーツ置いてない、レアなタイトルだなーという認識がありますね><
様々な特徴的ギミックを有するタイトルですが、このような構築になりました

■レベル0 キャラ16枚
《黄色 キャラ》
ツヴァイの教官アイン×4枚
観測手 キャル×4枚

《赤色 キャラ》
狂気に満ちたドライ×4枚
新たなファントム ドライ×4枚

■レベル1 キャラ15枚 イベント4枚 計19
《緑色 キャラ》
食えない女クロウディア×3枚
クロウディア・マッキェネン×4枚
“ファントムを継ぎし者”ツヴァイ×4枚

《赤色 キャラ》
ファントムの実験作 ドライ×4枚

《緑色 イベント》
フェラーリF40×4枚

■レベル2 キャラ3枚
《黄色 キャラ》
ファントムの助手キャル×3枚

■レベル3 キャラ4枚
《赤色 キャラ》
“無敵のファントム”ドライ×4枚

■クライマックス 8枚
《緑色》
過去×4枚
《赤色》
決着×4枚

黄11:緑19:赤20

デッキコンセプトは、圧縮作ってソウルゲー

各種カードの採用理由についても書いていきます

0
ツヴァイの教官アイン×4枚
オバスペアタッカー
40ラインは大きく、1ターン目にコイツで殴っておけば返ってくるか1:1交換できることが多いです
ツヴァイのマーカー候補

観測手 キャル×4枚
アド集中ですが、明確にメリットのあるタイミング以外は捻りません
主な役割は行き35アタッカー。教官を引けていないときに相手の35キャラと相打ち取ってくれれば上出来

狂気に満ちたドライ×4枚
ファントムネームサーチの0相打ち
0のキャラは基本雑に投げていくけどこれだけは別
出すときは必ずサーチ効果を使うことを意識して運用します
これを引けないとアドが維持できないということはないけど、引けば引くほど楽が出来る
0が長引いた時はバニラサーチしつつ教官を40ラインまで戻せるし、それ以降は必要な札をその時その時で持ってこれるのが強い
ファントムネーム多めの構築なのでサーチ先がないということはまずないです
一番優先してサーチしたいのは助手キャル

新たなファントム ドライ×4枚
ファントムネームの0レベ
0コストで出せて、サイドアタックできるファントムネーム
0レベでは大した強さもありませんが、レベルが進むにつれて強さが増していくカードです
1レベではクロウディアのパンプ込で常時40になり、1相打ちや0レベキャラを処理可能に
2レベでは助手でソウル2の45アタッカーに
3レベの詰めの段階ではストックを無駄に使うことなく出せるソウル2で、+2CXと合わせてサイドアタックの選択肢を作ることができます
実験作とこれが控えにあるとき、ツヴァイのマーカーにする優先度は実験作の方が上です

1
食えない女クロウディア×3枚
ファントムネームにパンプする後列
手札に2枚ダブると邪魔だけど、マリガンで切れないのも嫌なので間を取って3投
過去シナジーで持ってこれると楽が出来ていい
正直、出さないと勝てないってことないから枚数減らしても良さげ

クロウディア・マッキェネン×4枚
過去シナジー
ノーコストでツヴァイや食えない女を出しつつ、1周目の遅さをカバーできる札
ただ打って目に見えるアドは取れないのでシナジーに固執する必要はない
そこら辺は臨機応変に、時には諦めて0レベで面取るために過去打っちゃうのもアリ
サーチも効かないし、2面打てたらラッキー

“ファントムを継ぎし者”ツヴァイ×4枚
コンセプトその1
このカードを苦手としている相手にはこれ出すだけで完封できることも
出来れば2面出したい
マーカー噛むだけ噛ませてからリフに入れば圧縮はかなり高いので楽にゲームが出来る
控えにいるときは同名カードのマーカー候補

ファントムの実験作 ドライ×4枚
ファントムネームのオバスペ、0コスト
サブアタッカー
デメリットは終盤だと結構大きいですが、60のラインは今の環境の1レベだと十分な値
助手キャル置いてソウルゲーするときに0コストで相手の面に負担かけられるのが強み
控えに教官やツヴァイがいないときのマーカー候補

フェラーリF40×4枚
カウンター。引きたいし、マリガンで切る選択肢も欲しいしで4
打ってもらったダメージは、打って得たダイレクト枠で返す心構え
環境みてだったり、4枚見せたくなかったり、集中でサーチ出来たりでX枚助太刀に変えるのもアリ

2
ファントムの助手キャル×3枚
コンセプトその2
隼鷹は禁止になりました
艦これに比べると対象の範囲は狭いものの、ツヴァイでダイレクト枠作りやすいので通せるソウル量は隼鷹とほぼ差がないです
全体ソウルパンプの理不尽さは去年WSやってた人なら分かってるはず
サーチ効くので3投ですが、4枚入れても良いと思います
地味に500パンプも大きい
ツヴァイの処理が楽な相手にも、このカードでワンチャンス作ることができます
決着引けないゲームでも、これでソウル伸ばして雑に勝てちゃうことも

3
“無敵のファントム”ドライ×4枚
詰めと回復
自身を釣って5パン以上も狙えるし4投

CX
過去×4枚
決着×4枚
それぞれシナジー
過去はシナジーに拘るよりも、2000パンプでツヴァイの踏めるラインを上げつつ、手札を減らさずに処理できるCXといった考え方の方が良さげ
決着はその名の通り、決着させたいときに打つのが基本で、そうでなければクロックに置いて処理か握り続けておく
過程のソウル不足は、アタックトリガーや助手が解決してくれます

回し方
マリガン
初手の0レベの枚数次第
2枚以上持ってたらツヴァイ、過去、フェラーリ、フルネクロウディアあたりは握っておく
全然持ってなければツヴァイ以外切っちゃってOK

0レベ
ストックが欲しいのと、打てるCXが基本2001なので、ダメージレース意識で、引いた0レベはどんどん前列に投げていく
16枚全部前に出られるスペックなので、かなり簡単な動きです
長引いたら狂気に満ちたドライ→バニラサーチでアタックを継続
自分は後上がりを意識します

1レベ
ツヴァイ立てて踏む。フェラーリで弾く
基本それだけ

2レベ
ツヴァイ育てつつ助手キャル置いてソウルゲー
ツヴァイが育たないときは助手でダメージレースはとんとんに持っていく

3レベ
ドライ出して決着打ちます
武蔵+隼鷹みたいな動きだけど、ソウルの調整はしやすいです



採用しなかったカード
・陰謀家クロウディア+二番目の男ツヴァイセット
毎回言われる
決まるともちろん強いんですけど、必要パーツ多いし、クロックの枚数によってはパーツあっても出来ないし、2枚それぞれ個別のスペックもそれほど高くないし、0→1→2で後列が変わっていくのも流れが悪いしで不採用
陰謀家の評価がどうしても低い
応援としてみたら一心同体のパートナー キャルの方が強いですしね
他タイトルにはない強みは、助手キャルで十分すぎると思いますし、カードパワーもこの2枚セットより助手キャル1枚の方が大きいと思っています

・元ファントム 江漣
早だしが安定しないのと、詰める役には立たない
リフ間際にストック2枚も使って出したくないし、スペック活かすために2面早だししたら4枚分の圧縮が崩れてしまうのも嫌でした
ソウル2が欲しいなら助手を出せばいい

・人を殺す才能 玲二
35助太刀
複数枚入れるほどの枠もないし、1枚じゃ安定した運用できないし、仮に枠があったとしても2レベの助太刀より、打てるタイミングの多い1レベの助太刀を入れると思います
というか、このカードって“誰でもないファントム”アイン を早だしするデッキで使うものだと思ってました

・昇り龍 梧桐
最初は1相打ちメタに入れてたんですけど、都合のいいタイミングで出すには複数枚の枠が必要なうえに、1相打ち採用してるデッキ相手でも必要じゃないときがちらほらあってやめました
1相打ちが向こうからツヴァイに突っ込んできてくれるなら、ダイレクト枠をありがたく頂くだけです

・扉
初風のいる環境ですし、シナジーのCXを数枚抜いてまで入れなくてもいいなと思いました
1001打ちたい場面は助手キャルがry

・“インフェルノのファントム”ツヴァイ
思ったより全然相手が踏めませんでした


以上です

絆杯@身内向け(SKT)

今回のSKT杯のサブイベントとして絆杯を開催したいと思います
事前告知されていたキャラ単杯に代わるイベントとなっています

構築制限
・デッキ内に入れられるカードは、原則、名前やイラスト含めキャラ2種まで(1種でも可)
・ネオスタンではないので、複数の他作品のキャラ2種で作ったデッキも可
・カードのイラスト部分にやむ得ず3人目以降のキャラが入ってる場合採用可、ただしネームはダメ
(例:やよい単に自分REST@RTの採用→OK しんのすけ&ひまわり単に夏の思い出 しんのすけ&シロの採用→NG)
・同一人物だけど見た目や名前が違う場合は一人のキャラとして扱うのもOK
(例:シロウ=アーチャーとか)
・そのキャラクターは映っていないけど、そのキャラクターに関係の深いカードならOK
(例:フレンダ単にイベントカード人形爆弾の採用はOK)
・選抜や禁止制限も無視して構いません
・カラーコピーに限り、プロキシカードの使用を認めます

追加
・キャラカードで、グループ名のみ、かつ特定1キャラがイラストのメインでないカードはNG
(例:“僕らは今のなかで”μ’s 、 アニメ化ですよ! 765プロ→NG  “もぎゅっと“love”で接近中!”μ’s→OK)

カードの採用でとんちを利かせるつもりなら、面白いものをお願いしますね


賞品は特に設けませんが、何か出したいって人がいればぜひ
出来る限り皆に参加してほしいです(SKT旅行参加者でどうしても参加できないという人いたら連絡ください)

質問などは僕にリプください
重要なことに関してはこの記事に追記していきます

新年あけましておめでとうございます

かなり今更ですけど、あけましておめでとうございます
去年はTCGも、それ以外でもかなり充実した1年だったので、今年もそうなるように頑張りたいと思います
春からはもろもろと環境も変わってしまうので余計頑張らねば…


そういえば1個前の記事で早起きつらネキだから新規タイトルとか組みませんって宣言したんですけど、
逆にいうなら新規タイトルでなければ組むってお話でして

11月末~現在で、クレしん、艦これ、Phantomの3タイトル組みました
正直やってしまった感すごいぜ

どれも詰め性能が魅力的ですね~
詰めとかトップ盛りしか使ったことないって言ってた俺はどこへ行ってしまったのか

来月はまたまた友達とカード旅行する予定なので、そのときに使えるデッキを増やしておきたかったって感じですねw
旅行で行う大会のレポートも、今回もしっかりと書くつもりです


ではでは

僕が新規タイトルを組まないワケ

朝起きるのがツラいからです





発売前日、フラゲで夕~夜に某所で公開されたリストにさっと目を通して、深夜1時までのバイト行って、帰ってきて作成ツールでデッキ考えて買うものチェックして、10時の開店に間に合うように起きる(身内は発売日だと開店1時間以上前に並ぶらしい)



無理



せめて公式はリストの公開もっと早くしてください
前日の夜に公開されても俺は困る

もしくは発売土曜に戻してくれ
平日発売とか誰得


っていう愚痴でした
あとなんか色々溜まってるけどそこはどうでもいいや勝手にやっとけ言っとけ