スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WS】風南島の感想+思い出圧縮軸デッキ解説

DCDSの新特徴『風南島』でデッキを組んでみて、思っていたよりも楽しいデッキが組めたので纏めてみました

思い出圧縮+門連動型
X4e8RbzJ.jpg

ぱっと見たときに一番目を引くのは0レベの枚数でしょうか
このデッキには0レベのキャラが36枚採用されています
その他は3レベ6枚と、CXのみです

コンセプトは、思い出にカードを送りデッキを圧縮
その後、薄くなった山で門連動を発動し高いバーンの成功率で相手を4-0まで上げる
というものです

だいたい、2周目が8/28~30、3周目以降8/24~28、相手が少しもたついてくれると8/20くらいの圧縮は作れます


何が強いのか、ということを説明する前に、このデッキにいたるまでの変遷を

風南島でデッキを作成するにあたって、プールを見ていて色々と考える点がありました
各レベル帯で見ていきます
・0レベ…・・思い出に飛ぶカードが多く、またパワーラインはやや低め
・1レベ……どの色を取っても、スペックは環境タイトルと比べるとやや劣る。またストックの消費が多くなりそうなのも気になる
・2レベ……羽川やTP凛に対して強く出ることが出来る。ただしそこまでのハンド、もしくはストック面の粗さがやや気になる
・3レベ……全体的に今一つ。何をやりたいか明確にしないと何もせずに終わりそう

・イベント
小川で遊ぼう……連パンするなら採用圏内
ホラー……青主体なら行きで面は取れるから打ちやすそうだけど実際はストックが厳しい
楽園システム……黄も青も強いタイミングと弱いタイミングの落差が激しい。使用するとストックと手札が-1で、それがいつ還ってくるのかが不明なので安定しない

そして組んだ1個目の構築がこちら
CwFyA18VUAA5TiJ.jpg
0レベで手札を整えるがてら思い出を肥やし、1レベで手札を増やし、2レベで面を取って、3レベでバーンとホラー
あと風南島の唯一性だと考えていた楽園システムも採用した欲張りデッキです
1レベで扉ではなく本にしたのは、踏める面が1面しかない場合1ストック消費して1枚回収…という動きを嫌ったためです
しかしながらこのデッキは、ストック面でも思い出面でも圧縮を作ることができなかったため貫通死することが多く、ホラーを打ててもその次のターンに詰められないため崩しました

CwNSfW4UEAAYZpy.jpg
次に組んだのがこの型です
思い出圧縮と門連動、そして楽園システムの要素を残しつつ、ストック圧縮も狙いました
デッキの圧縮を上げ、2レベで面をあけて、ダメージが入ったら楽園システムから3レベを持ってきつつストック補填という動きがメインプランです
今まではどのレベル帯でもストックがあと1枚あれば……と思うことが多かったため、本を抜いて置きブを採用してみることに
そして、本が抜けた枠で手札をキープするための札として、ドキドキハプニングを採用しました
DSW46-023.jpg

このカードが見かけ以上に強く、手札の維持に大きく貢献してくれました
パワーが1000しかないのが良いですね
パワー1000の特殊相打ちをぶつけられても、相打ちしてこちらがリバースするのでテキストが発動します

この構築をしばらくは使っていたのですが、楽園システムの弱さがどんどんと露呈していく形となってしまいました
純粋に、ダメージが通った後のテキストが発動されるまで手札とストックがそれぞれ-1されてしまう、というのがとても辛かったです
また、採用枚数についても問題で、2枚以上採用してもダブると邪魔
1枚採用して、専用のイベント回収天にまかせてみたものの初パンで噛んだり、山の底にあったり、ダメージで落ちたり、といったWSならではの要素でプレイできなくなってしまうのもストレスでした
ドキドキハプニングや大はしゃぎ互換で捲ってしまった時もまた……

リターンがなかったわけではありませんが、楽園システムを握っていた枠でも1枚は3レベを握れるので、結果ストレス削減と安定感向上のために楽園システムギミックは抜きました


こうした変遷をへて出来たのが、先のデッキです
X4e8RbzJ.jpg
コンセプトを絞って絞って、
『思い出圧縮してキャンセルと門対応の成功率を上げる』
というもののみにしました

今までWS史上色々と考案されてきた圧縮デッキですが、ほとんどのものは相手の面をあまり踏むことができず、相手にも圧縮を作られてしまうというのが課題の1つでした
このデッキの場合、バーンによってそれをカバーしています
2面連動の場合、最大で1ターンでアタック3回分+バーン4回分の計7回ダメージを与えることができます。これで相手の作った圧縮を崩しながら打点を入れるのが狙いとなっています

デッキ内のカードのうちCX以外の42枚は風南島であり、また内36枚は0レベですので、各種チェック効果の成功率は高めです
道中のダメージレースですが、後手でも1ターン目に3パンしやすい事、デッキ内のドラが14枚と他のデッキと遜色ない事、門でCSを供給できること、といった点で、相手に与えるダメージについては早いほうです
ただし、ほぼ面を踏めないのでダイレクト枠で殴られることも踏まえると、2レベの途中くらいまではダメージレースはとんとんで進むことが多いと思います
なので、キャンセルしやすい山を作るためにも、1周目をどれだけ早く終えることが出来るかが鍵となっています

3レベでは自分の圧縮率と相手の圧縮率を意識して、タイミングをみて門対応や回復をプレイします
狙うのは門対応2面+回復ですが、門対応2面のみや、門対応+回復でも十分です
3レベ上がったから即ぽーんと展開してしまうと、相手にダメージが入らず、こちらの圧縮が崩壊しておしまい、ということにもなるので、そこの見極めは慣れてください


各種採用カードの解説

・朝のひととき ひまり 4枚
中央移動と、他1枚以下ならトップ落として0レベならそのカードを後列に配置するカードです
重要なのはトップ落としのほうです
このテキストでアドバンテージを稼げると楽が出来ます
先攻1Tが一番楽に使えるタイミングですが、リバース時に思い出に飛んでいくカードと組み合わせると、後攻1Tやそれ以降のターンでもテキストを発動する機会が生まれます
後攻3パン時にこのカードのテキスト成功すると脳汁でます

・TABデビュー ひまり 4枚
2ルックと、他風南島が出たときパワー+1000×2
このデッキを回す上で、各ターン開始時の起点となるカードです
3レベ回復以外のすべてのカードとシナジーします
単体でみても、1パン目にCXを噛まないようにすることが出来るというだけで圧縮に貢献することができます
あと貴重な相手キャラを踏めるカードです

・温泉で一息 ひまり 2枚
トップ落としてCXなら全体ソウルパンプと、キャンセル時に1ストックで1ドロー
2周目以降、圧縮のよくなった山で、TABと合わせて使います
噛むはずだったCXを控えに落とせて、ソウルも上げられるので成功したときのリターンはとても大きいです
単体ではほぼ運まかせなので、2枚のみの採用です
もともとこの枠は赤の特徴パンプだったんですが、4枚も必要のないカードだったので2枚をこれにしました

・水着の乃絵里 4枚
cipでトップ2枚削りと、リバース時にストックとクロック消費して思い出飛んでサルベージ
序盤のパンチャー兼山札調整兼詰め札
パワーが500なのでほとんどの特殊相打ちに上から踏んで頂いてテキストが使えます
1周目はとにかく山を削りたいので、2枚落下のテキストも重宝します
また、このカードでサルベージできるためマリガンの自由度も高くなりました
集中ないしは4ルックをプレイしたいので先攻1ターン目では必要ありませんが、後攻では1ターン目に1~2枚あると非常に楽なゲーム展開になります

・料理中の乃絵里 2枚
特徴パンプ+2コストレスト回収
盤面踏むつもりがほぼないので特徴パンプはオマケです
2ストック使える、控えから拾えるのがメイン
変なタイミングで噛んだCXを処理したり、3レベを展開する前くらいにプレイして手札を整えるために使います
TABでCXを2枚目に配置しておけば次のターンにこのカードを捻ることで掃くことができます

・ディフェンディングチャンピオン 遥月 4枚
手札交換と思い出に飛ぶ4枚ルック
デッキの安定剤です
1枚目は場に出た後後列で集中と一緒に寝ることが多いです
そこに固まったCXを山に戻せるので、余裕のあるうちは飛ばずに1枚は後ろに居続けたほうが都合がいいです

・ドキドキハプニング 遥月 4枚
リバース時にトップが0レベならそのカードを加えます
手札キープにも、山削りにも、ドラ調整にも使えるので非常に使い勝手のいいカードです
集中でサーチするときに迷ったらこれかTABをサーチしておくとまず失敗しません
先攻でも後攻でも殴りに行くのに便利なカードですのでマリガン時はキープすることが多いです

・水着の天 4枚
CX置かれたら往復500パンプと2レストサーチ集中
どちらのテキストもあまり強くありませんが、貴重なアド集中です
序盤からガンガン捻り、山削りと手札増やしを兼任します
1枚引ければ十分ですが、逆に1枚も引けないと辛いので4枚採用しています
残りの3枚はレベル置き場と、置きブでストックに埋めしてしまうと良いと思います

・水族館デート 天 4枚
他1枚以下でパワー+1000レベル+1とリバース時に1コスト手札1枚消費して思い出に飛んでサーチ
水着の乃絵里と違ってアドバンテージの維持には不向きですが、手札や噛んだカードのを吐きつつ次に欲しい札を持って来れます
TABで山上の2枚目にCXを置き、このカードで最初に殴ることで山トップを不確定に戻すことができます
また、ほぼやることはないですが、先に思い出に飛ぶカードで殴って飛ばせた後なら、レベルパンプとパワーパンプを発動することもできます。頭の片隅に入れておくと役立つかもしれません
2周目以降に活躍するカードです

・心地良き施術 衣愛 4枚
リバース時にデッキトップが風南島なら思い出に飛びます
他のカードを消費することなく思い出に飛べるので、純粋な圧縮となるのが強みです
また、次のトップを確定させることができます
相手の隙を見つけて積極的にプレイしていきたいカードです
数少ない、相手のキャラを踏めるカードです()

・完全無欠なお嬢様 遥月 2枚
回復と、バトル中相手の助太刀を封じるテキスト
門対応との噛みあわせで採用しています
美夏を封じることが出来るので、美夏による被害を最小で抑えることができます

・朝のハプニング 衣愛 4枚
コンセプト
守りの為に作った山を攻めに転換できるカードです
2面連動するとほぼ助太刀では返せない数字となり、また山札をアタックフェイズで15枚削ることができます
相手の山の圧縮率の悪くなったタイミングでぶつけるもよし。
自分の山の圧縮率が悪くなったタイミングで投げてリフを入れてしまうもよし。
使いどころが難しいカードなので、コンセプトと言いつつも抜いてしまってもいいかなと思っている枠です

ちなみに青の回復は、早だしすることがあまりなく、パワーパンプも自身を対象に取れないのが弱かったので抜けました



マリガン
優先するカードは3種です
先攻時で
朝のひととき>ドキドキハプニング>水着の乃絵里
後攻時で、
水着の乃絵里>ドキドキハプニング>朝のひととき
です
朝のひとときは2枚目以降は切ります
ドキドキハプニングは全部握ってOK
水着の乃絵里は先行なら2枚目以降は切って、後攻なら3枚目以降を切ります
これら3種のうち2枚が初手にあるなら、置きブCXは1枚までキープしてOKです
それ以外のカードは捨ててください

1ターン目は先攻なら1パン、後攻なら3パンします
それ以降、1周目は山札をガシガシ削り、2周目以降はダメージレース、手札枚数などを意識しながら思い出と純ストックを貯めていきます
3周目以降は、3レベでストックが6~8点たまることを意識しながら殴っていきます
あとはタイミングみて3レベを展開しましょう
僕は不純物を入れたくなかったので採用しませんでしたが、ななかの採用もいいと思います

得意なデッキ、苦手なデッキも特筆するほどはありません
門連動を1面でもケアされるのが辛いのであれば、回復を回収しながら投げてるだけでもいいですし、基本はあくまで思い出圧縮によるキャンセルを狙うことで、それ以外は延長としてとらえてもいいと思います
デッキジャンルよりは、この手のデッキに対しての相手プレイヤーの上手さがまるっと勝率になると思います

他のデッキにはない動きをしますし、採用されてるカードはどれも安いカードばかりなのでぜひ組んで遊んでみてください
楽しいですよ

以上です
ご意見ご質問あればお気軽にツイッターの方に連絡ください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。