スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぶしく白くかがやく Wedding Dress

恒例となりましたが、二泊三日で友人たちと温泉&カードゲーム旅行へ行ってきました
SKT杯も、今回が5回目となります

この記事では第五回SKT杯の結果と、個人的な感想を簡単に書こうと思います

第五回SKT杯
形式:総当たり(勝敗数同じ場合はオポ差で順位付)

1位 水蓮 艦隊これくしょん -艦これ- 8勝2敗
2位 葉 Phantom -requiem for the phantom- 7勝3敗
3位 ゴリ 艦隊これくしょん -艦これ- 7勝3敗
4位 むーん リトルバスターズ! 5勝5敗
5位 ハセガワ DOG DAYS 5勝5敗
6位 軽業 THE IDOLM@STER 4勝6敗
7位 ソラエク ガールフレンド(仮) 4勝6敗
8位 幸雪 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 4勝6敗
9位 舜 ビビッドレッド・オペレーション 4勝6敗
10位 7 THE IDOLM@STER 3勝7敗
11位 とうや 魔法少女まどか☆マギカ 3勝7敗

というわけで、優勝は黄緑赤城選抜の艦これを使った水蓮くんでした
これまでのSKT杯のうち、個人戦では最下位や下から3番目など、苦汁をなめてきましたが、今回は見事、文句なしの優勝でした
環境トップの呼び声高い艦これですが、それでも10回戦という長丁場の中で8勝2敗の成績に収まったのは、丁寧なプレイを重ねることのできた水蓮くんの実力あってこそでしょう
優勝おめでとうございます

続いて2位は私で、使用タイトルはPhantomでした
直前まで艦これをひたすら調整していて、周囲もそれを知っていたので、多くの人にとっては意外なタイトル選択だったのではないでしょうか
艦これではなくPhantomを使った理由づけをしようと思えば、いくらでも挙げられますが、それでもデッキパワーは艦これのほうが勝っていると思います
本当の理由は、とても綺麗な構築のPhantomを組むことが出来た、と自分で感じていて、これで勝てたら格好いいな、と思ったからですw
あと一歩で優勝は叶いませんでしたが、あまり環境タイトルとして挙げられることの多くないこのタイトルで2位までいくことができて良かったです
ちなみにレシピはコチラ

惜しくもオポ差で3位になったのは、黄緑青(島風無し)赤城選抜艦これを使ったゴリくん
普段、あまりWSをする機会のない彼ですが、それでも見事に7勝3敗という好成績を残しました
デッキ選択も、当然本人の実力のうちだと思います
ミラーでの敗北も含め、経験差で3試合落としてしまったのかなという印象
次のSKTがあれば、その経験差も埋まり、より恐ろしいプレイヤーの一人になっているのではないしょうか
3位入賞おめでとうございます

4位、5位はリトバスを使用したむーんくんと、犬日々を使用したハセガワさんでした
二人とも前回と同じタイトルの使用です
 むーんくんは下から2番目だった前回の雪辱を果たした形ですね
双子型に変更し、序盤のラインの高さで面作りと、集中による山作成で器用にゲームをコントロールし、3レベでは姉御とささみによる詰めと、諭吉という最高峰の防御札でどの相手にも最低でもイーブンの戦いを仕掛けていく良いデッキ選択だったと思いました
 ハセガワさんは、前回と同じ5位という順位に
勇者超特急と宝で「アドバンテージを維持しつつソウルを叩き込む」という、WSの基本に忠実な動きを上手く繰り返して勝ち星を拾っていました
その徹底的に安定した毎ターン同じ動きに、大会中ちょくちょく勇者超特急強すぎ規制しろだなんて煽られる場面も笑
 二人とも、勝ち越しまでのあと一歩をどう詰めていくのかがこれからの課題となるのでしょうか


6~9位は、軽業、ソラエク、幸雪、舜の元同じ高校組が仲良く4勝6敗でなだれ込む形に
 軽業くんは手持ちのタイトルから悩みながら方向音痴選抜の春香バーンアイマスを選択
しかしながら、スタートダッシュに失敗して連敗を重ね、終盤に調子を戻したころには遅く、結果が4勝6敗の負け越しという形になってしまいました
SKT杯では毎度、勝ちきれない印象が強いですね。決して本人が弱いプレイヤーということはないと思うのですが
使用するタイトルをある程度絞り切って、みっちりと回す方が練習としては良かったのかもしれません
 ソラエクくんは今回が初参加
メインのTCGとして遊戯王、サブで他にもいくつかのTCGのプレイ経験があるプレイヤーで、WSに挑戦してくれました
使用タイトルはガルフレで使った色は青
10回戦の中で、対戦回数が増えるごとに毎ゲームの反省から着実にプレイングのレベルを上げていくのが印象的でした
対戦相手のタイトルのプールを覚えれば次は勝ち越し以上を安定して狙えそうです
 地雷デッキに定評のある幸雪くんは、今回はL3のぶっぱ力が魅力なプリヤを選択
しかしながら、シンフォで優勝した前回とは違い今回は若干ラックが悪く、プリヤの性質上そのまま負けてしまったという結果だったのでしょうか
 前回最下位だった舜は、前回と同じビビオペでの参加
軽業くんとは対照的に、スタートは好調でしたが段々と失速していって勝ち越しには至りませんでした
並行して調整していたペルソナが、個人的にはとても強かったイメージがあったのでてっきりそちらを使うのだとばかり思っていたんですけどね
BCF仙台トリオ優勝後からは、こういった場で何故か勝ちきれないことが増えてきたイメージです
 とはいえ、この成績だとその日のラックがもう少し良ければで勝ち越しもあり得るラインなので、過度に引きずりすぎるのは良くないですね
勿論、プレイングで反省すべき点はしっかりと反省しないといけないのでしょうが

10位、11位は7くんととうやくんでした
 7くんは、方向音痴選抜でMy Best Friendシナジーで手札をキープして連パン千早に繋げる一風変わったデッキ
ギミックはとても面白いのですが、今回は振るわず、3勝7敗という結果になってしまいました
 最下位のとうやくんはほぼテンプレートなまどかを使用
しかしながら、デッキに振り回されがちで上手く扱えていなかったのではないかと思います
タイトルのポテンシャルの高さは折り紙つきなので、ひたすら練習あるのみなのかな

以上です
次は、SKT杯での私自身の各試合大会レポを書いていこうと思います

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。