【WS】蛇 化物語 レシピ解説


ヴァイスでレベル3撫子(蛇)を使ったレシピをずっと考えていたんですが、今日回したデッキが結構良い感じだったので晒してみます。


まず今日の戦績。
シンフォギア(赤青)〇
ペルソナ(黄赤ジュネス)〇
ペルソナ(イザナギ早出し)〇
アイマス(素前選択レベル3貴音採用型)〇
音楽スタン〇
結果は5-0
フリー用に組んだ趣味デッキにしては中々で満足。

次に各レベルごとの動きやカードの解説とか。

・レベル0
儚げ、リュックサック、パジャマをアタッカーに採用
最初は儚げを4枚にするつもりだったんですが、後列をレベル0から複数枚用意してることから2枚をパジャマに変更しました。
パジャマはレベル1以降で盤面を全て埋めてる状況なら応援と家庭の事情で6000まで伸び1/0バニラを食えるので変更したのは成功でした。
後列要員には、阿良々木月火、同級生、さまよい続ける少女を採用。
阿良々木月火、同級生の枚数を2:4にしてますが、これは趣味なので阿良々木月火の方を4枚に変えた方が安定すると思います

・レベル1
色事故防止と打点をあげる目的で緑中心にしました。
応援、家庭の事情、朝が苦手、キャントリで12500まで伸びるので盤面はそこそこ取りやすいと思います

・レベル2
完全武装のシナジーを駆使して蛇を手札に複数枚集めつつ、盤面を取っていきます

・レベル3
ため込んだ蛇を投げていきます。
cip回復要員なのでシナジーは無理して狙わなくて良いです。
実際今日回した時は一回も蛇のシナジーは使いませんでしたし、そもそも狙ってすらいなかったので…
一応、不動の寡黙も入っていますが、こちらは残りのデッキ枚数が少ないときにソウルを調整する役割が多いです
あれ?これなでこスネイク要ら無くね…?
きっと気のせいですね。



案外勝ててびっくりでした。
詰めの性能が高い訳でもないのでレベル1~2でどのくらい相手を削れているかが大切だと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)