スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響未来型デッキ

お久しぶりです。
最近はなかなかモチベーションが上がらずに更新できないでいました。

シンフォギアのブースターが出たので3箱+シングルでいくつかデッキを作成してみました。
黄赤の【響未来】
緑の【クリス単】
同じく緑で【ノイズ】の3つを作成。
赤青の【ツヴァイウイング】は舜くんに託しましたw


という訳で、今回は【響未来】のデッキレシピといつも通り簡単な解説です。

まずはレシピ


主にレベル2から響の早だしとCXシナジーの発動を狙っていくデッキです。
素でレベル2のキャラは戦う理由のみですが、
シンフォギアの装者や元気が取り柄といった能力でレベルを上げられるカードを採用しているため、それらを利用してガングニールからのレベル3早だしを狙います。


採用しているイベントは7枚で、内訳は、
ガングニール4
デュランダル3
にしてみました。
ガングニール4の理由としては、安定してレベル2からの早だしを成功させたいことと、欲を言えば2面でレベル3の響を早だししてCXシナジーを打ちたいからです。
ガングニールを回収できるパワーの根源というキャラもいますが、此方はストックの消費があまりにも多く、レベル3に上がったときに未来の効果まで繋げられないのでは?と考え不採用にしました。
デュランダルの枚数についてはちょくちょく変えていくのがベストだと思いました。
自分は友達同士で行うデュエルが主なのですが、その場合構築が読まれやすいので、「今のところ」3枚入れてるよ、ってことにしておきます。
これで実際にやるときに1枚だけに変更とかしておけば相手に強いプレッシャーをかけられますからね。
って、ブログに書いてしまうのも戦略の一つということで。


各レベルに採用したカードと動かし方について。
・レベル0
盤面維持のため移動
移動を効果が噛み合うのと色の調整に相打ち
手札にダブついたCXや早だし用にレベル3を控えに送るため、レベル0からストックを掃くための胸の痛み
響ネームに+500と手札、クロックの調整に便利な強い意志
を採用しています。
集中も入れたかったのですが、盤面を圧迫してしまうのが辛かったため不採用にしました。
ですが欲しいと感じる場面もたまにあったので難しいですね。

・レベル1
優秀な後列要員かつレベル3早だしのキーパーツであるシンフォギアの装者
シフトとパンプ能力により優秀な殴り返しの要因、かつレベル3早だしのキーパーツである元気が取り柄
盤面維持と他をパンプする能力を持つ覚醒の鼓動
を採用しています。
シンフォギアのレベル1は正直あまり強くないので勝てるところだけに勝ってあとは無理せず流すのが良いと思います。
1帯で手札アンコール持ちを採用しているデッキ相手だと厳しい展開を強いられます。
元気が取り柄ですが、シフトでレベル3の響と入れ替えることでレベル2に上がったときに自然と控えにレベル3を送ることが出来る、なんていうちょっとトリッキーな動きも出来ますよ。

・レベル2
ガングニールからの早だしとCXシナジーの発動を狙っていきます。
早だししただけではアドバンテージ的に損をしているので、シナジーの発動は確実に行っておきたいです。
サーチ先はレベル3を優先してかまわないと思います。
このレベルで採用しているキャラは先ほども挙げたとおり、戦う理由だけです。
ですが、戦う理由からガングニールを発動させたのではストック的に割にあいません。
ガングニールの発動は元気が取り柄の効果やシンフォギアの装者のサポートに任せます。
戦う理由を採用したのは、ガングニールからの早だしが出来なかったとき=ガングニールを引けなかったときに強い盤面を形成するためです。
強い意志とシンフォギアの装者を後列に置くことで、ある程度のパワーと手札アンコールを持った壁として機能します。
このカードの真価はデュランダルとの相性の良さだと思います。
相手ターン中に後列のパンプを含め、15000もの高パワーを持てるので、パンプした相手のレベル3を返り討ちにしたあげくアンコールも許しません。
結果、相手にとって非常に強いプレッシャーをかけられるカードです。

・レベル3
響のサーチから得た未来と、デュランダルを使って相手の戦線をズタズタにしていきます。
耐久力が高いとは言えず相手のチャンプが苦しいこともあるので、出来るだけ速やかに勝ちに行きたいです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。