スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極黒のブリュンヒルデ1巻 感想とか

ついに発売された倫たんの新作「極黒のブリュンヒルデ」の1巻を買ってきました~
510OFhRCpbL__SS500_.jpg
カラー絵上達してるw
表紙はヒロインの黒羽寧子さんです
可愛いね

ちなみに極黒は「ごくこく」と読むそうです。

あらすじ
子供の頃に事故で死なせてしまった幼なじみの女の子の事が忘れられない高校生・村上良太は、彼女との約束(宇宙人が存在することの証明)を果たすべく、天文部に在籍し毎日夜空を見上げ探し続ける。ある日、良太の前にその幼なじみと瓜二つの転校生・黒羽寧子が現れる。彼女は研究所から逃げ出してきた魔法使いだった。

前作「ノノノノ」はスポーツ漫画でしたが、
今作は「エルフェンリート」を思い出させるようなSFちっくなお話です

内容については実際に買って読んだ方が良いと思うので詳しくは書きませんが……

ヒロインの寧子の性格がエルフェンリートのナナみたいで凄く可愛いんだがww
知ったかぶりする寧子の可愛さったらもうw
あと主人公のキャラデザが完全にノノだったのには笑った

プロローグと1巻の引きがとても気になる内容で、次巻もとても楽しみです。

エルフェンリートファン、岡本倫ファンなら買って後悔はしないんじゃないかなーって思います。


「お前のファンはエルフェンリートみたいな漫画を望んでいる」
と断言してくれた倫たんの知人さんには感謝ですねw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。