スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新約禁書の感想

新約禁書を読み終えたので感想を
ネタバレ注意です





この巻は完全に、まさかの麦のんメイン巻でした
正直びっくり
デレデレしたり、イライラしたり、打ち止め相手に大人の余裕を見せつけたりと麦のんマジ無双
表紙の幼女、代わりに麦のんでも良かったんじゃね? というぐらい麦のん優遇されてました


実際↓

この巻の展開は
『や、やられる~』
『助けに来たぜ!』
の繰り返し
良く言えば、安心感のある展開
悪く言えば単調な展開と言えると思います
個人的にはこういうのは好きなんですが、人によってはご都合すぎる、と否定的に思うかもしれません

ご都合でいうと浜面くんは、自分じゃ脇役と言ってますが実際のところ主人公補正がかなりかかってるように思いました(笑)
上条さんの「俺、レベル0だし~」発言並みに浜面くんの脇役発言はイラッとくるなw

表紙の幼女ですが、フレンダの妹、っていうのはあちこちで予想されていた通りでしたね
ただ、キーパーソンってほどでもなかったのが意外っちゃ意外
お陰であんまり科白貰えてなかったのが残念……
次巻以降で登場があるとすると、今回接触のなかった麦野と接触がキーになる気がします

今回、「闇」というワードが多用されていましたが、かまちーはこの言葉気に入ったのかな?
こういう中二臭さが良いよね、禁書は

絹旗は次巻ですぐにでも浜面くんと出会えるとして、滝壺さんは正直バカップルぶりを炸裂させるだけなので罰ゲームは麦のんが濃厚かなー
っていうか、アイテムのメンバーたちに、顔真っ赤にして恥ずかしがりながらもバニー姿を披露して半泣き半ギレになっちゃう麦のんがみたいです!

まともな感想は、専門のブログを読めばいいと思うの
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。