情熱のハワイアンAB

久々の更新

本当はトリオで使う予定だったんですが、事情が変わったので使うのをやめたABのレシピ晒し

■レベル0 キャラ16枚
《黄色 キャラ》
作戦会議 かなで×4枚
催眠術師 直井×3枚

《赤色 キャラ》
着痩せするタイプ 高松×4枚
楽しい予感 クド&ゆり×1枚
解けた葛藤 ゆり×4枚

■レベル1 キャラ14枚 イベント4枚 計18
《黄色 キャラ》
皆を見送る役目 かなで×2枚
対立の終わり かなで×2枚

《赤色 キャラ》
戦線のリーダーゆり×1枚
オペレーター 遊佐×2枚
引きが強い? ゆり×2枚
不敵な視線 ゆり×1枚
武芸達者 椎名×4枚

《赤色 イベント》
オペレーション・トルネード×4枚

■レベル2 キャラ1枚
《赤色 キャラ》
百人力の手練 椎名×1枚

■レベル3 キャラ7枚
《黄色 キャラ》
結弦の心臓 かなで×2枚
情熱少女 ユイ×2枚

《赤色 キャラ》
理不尽な運命への抵抗 ゆり×2枚
仲村 ゆり×1枚

■クライマックス 8枚
《赤色》
死んだ世界戦線×4枚
世界の核心×4枚



気になりそうな点だけ簡単に
・作戦会議 かなで
先攻後攻限らずに1ターン目にアタックするために裏目の少ないカードととして採用しました
手札アンコールで盤面に維持してアタック数を稼ぎます
1ターン目にアタックできるか否かは終盤のL3の展開枚数、1-6リフが可能か否か、高松の効果使用回数にそれぞれ関わってくるポイントなので、僕はその点を非常に重視しています

他によく見る0のアタッカーは、お色気担当? ユイ戦線への勧誘 ゆり戦略的な挑発 ゆり の3種がありますがそれぞれ以下の理由で採用に値しないと考えました

・お色気担当? ユイ
自ターン中に相手のキャラを全て踏むのは当たり前のことです
それが出来なくなる可能性が常に付きまとうこのカードは弱い。以上です

作戦会議はパワーが下がって云々いわれますが、最低限2500というシステム以下を踏めるパワーが保障されていて、プレイヤーの意思で3500ラインを継続できる点がお色気担当とは異なります
WSという運の要素が強いゲームで、さして大きなメリットがないのにプレイヤーの意思を介入できない要素のデメリット効果(つまりトップチェックして云々というカード群全体)を持つカードは弱いと思います
この場合の大きなメリットとは、しんちゃんや榛名等のトップチェックバーンなどのゲームエンド手段のことですね
あ、方向音痴は1ターン目とトップチェック自体が目的の場合に限り、リスクを承知で出す意味のあるカードだと思います

・ 戦線への勧誘 ゆり
お色気担当同様トップチェックデメはクソですね
今更桜並木互換の弱さは語るのもどうかと思いますけど
単純なダメージレースの損失のみならず、本来得られたはずのCXの効果を得られなかったという損失は大きいです
仮にイベント採用してなくても僕は採用しません

・戦略的な挑発 ゆり
3種の中では一番いい札だと思いますが、相打ちメタの札がどうしようもなく、0レベのアタック数という観点からみると作戦会議の方が優秀ですので採用しませんでした
色も黄色が欲しかったですしね

・催眠術師 直井
サブアタッカーです
基本的に上から引いてくるゲーになりがちな0レベでは、使用したいカードの枚数は4枚ずつ採用するのが丸いと思います
しかしこのカードの場合、どうしても相手のキャラの展開に合わせて出さなくてはいけないので4枚採用するのは不安があり枚数を減らしました
オペレーター遊佐と合わせると1レベの相打ちも処理できるということを覚えておくと、役立つ場面もあるかもしれません
他にこのカードと枠を奪い合うカードもいくつかありますが、単体での使いやすさを考慮してこちらにしました

・オペレーター 遊佐
2枚採用です
今までは「プールに存在しているだけで相手に警戒させることのできる札」程度のカードでトルネードの存在から1枚採用で十分だったんですが、1相打ち採用タイトルが多いので枚数増やしました
余計な効果が他に付いていないのでパワー4000の値が大きく役立つ場合もあり、2枚手札にダブってもそこまで困らなかったです

・レベル応援なし
・百人力の手練 椎名1枚
枠と使用頻度の問題から外しました
もしかしたら増量するかもしれません

・3レベの配分
当初はキルすることのみに特化していて、理不尽2仲村3情熱2だったんですが、クロックドローして仲村2面出しても対応握れないこと多々、かといってCXを握り続けるのはリスク高、圧縮高めてニセコイに張り合うとするタイトルにガン不利つくために仲村2枚を心臓に変えて相手ごとに握るL3を変えていくようにしました
情熱2枚採用は選ばれない効果とソウルパンプ、バウンス効果の組み合わせで3面防御札ケアの構えを取るためです
今の環境だと2枚採用はオススメなので試してみてください

・ショットシナジーについて
対応CXが弱い
マリガンがしにくくなる
0-6止めされるとかなり動きづらくなる
以上の点を踏まえて採用しませんでした


全体の動き
・マリガン
0レベとオペトル以外全部

・0レベ
作戦会議でパンチ数稼ぎつつ高松でパーツ集め
催眠術師、クド&ゆりが合計4枚入ってるので相手がそこそこのパワーラインなら上から踏むのも容易です

・1レベ
山の枚数と相談しながら1-6√か2レベリフ√のどちらを取るか考えます
基本武芸達者2面+何か
ダイレクトや踏める面があれば積極的に高松投げます

・2レベ
余裕あれば1レベと同じような動きで
クロックドローを絞りたい相手なら後列2面をそのまま前に出してアタックも気にせず行います

・3レベ
最低2枚、通常は4枚程度3レベキャラ握れてます
ストックは極端に配置悪くない限り6~8枚はあります
相手のタイトルに合わせた3レベを配置して殴ります
3レベが何ターンあるかは相手のタイトル次第ですし、発砲するかどうかも相手のタイトル次第です


とりあえず簡単なとこだけ書きました
意見・質問・その他はブログ内のコメントの他、ツイッターでリプ送っていただいても構いません
ツイッターの方が反応が早いと思います

では
スポンサーサイト